« 【土地紹介】多良見町木床☆小林英行 | トップページ | 空き家・相続 相談センターオープン★岡田理恵 »

2018年6月11日 (月)

温室調査★池田健一

今年早めに梅雨入りした県内も嫌な季節になりましたrain

お部屋の中もジメジメベタベタで寝苦しい夜にもなってきます。

それによって引き起こすカビやダニなども繁殖し始めていき、我々の体内に菌の胞子が吸入され、気管支炎や喘息、アレルギーなどを引き起こしてしまいます。

以前テレビでもアレルギー疾患が何が原因か?という番組があっていました。データー的にほとんどが屋内のいろんな場所に潜むダニやカビ・科学物質が原因でした。

Ws000001


ダニやカビの発生条件は①温度20~30℃ ②湿度70%以上 ③ダニの産卵に適した潜伏場所。④塵や埃などが栄養源。

このようにヤベホームでは医師と考える健康な家造りを実施しております。

私たちはどれだけ子供たちに、自然が残せるのだろう。という我が社のテーマでもあり、まずは身近な住まいや環境の見直しがアレルギー症状の改善につながってきます。

Ws000002

上記の冊子には代表的な3つのアレルゲン(ダニ・カビ・科学物質)のことが詳しく書かれています。
まずは読まれてみてください。詳しくはヤベホームまでお問合せ下さい。

ちなみに自宅には温室計をおいて計測しています。6月10日の梅雨時期

室内計測:温度26度。湿度約65%。(空調無使用)

屋外計測:温度23度。湿度約90%。(天候:雨)

湿度差:約25%

3629

3628


屋内に自然素材と調湿効果のある素材を使用することで屋内外の差がでます。

リフォームでも自然素材や調湿素材を仕様できますので、新築やリフォームをご検討されているお客様、ヤベホームまでお問合せ下さい。

|

« 【土地紹介】多良見町木床☆小林英行 | トップページ | 空き家・相続 相談センターオープン★岡田理恵 »